2017年6月 リッティベア 企画作品展『百職人展』

恒例のリッティベアさんの企画展、6月に参加させて頂きます。
今回のテーマは“100%職人だね!”です。


mikimegumi08

私は今回、テディベア型のマリオネットで遊ぶクロクマを作品にしました。マリオネット自体は操作もでき、クロクマの手に取り付け取り外しができますので、色々なポーズで飾ってみて頂ければと思います。

この企画展はこれまでと同様に、ギャラリー展示、購入受付ののち、リッティベアホームページで展示、購入応募ができ随時ます。

作品の詳細と画像をこのページの下部に掲載しております。また、 TwitterFacebook等でもご紹介してまいりますので、そちらもどうぞご覧下さい。

<展示概要>
日程:2017年 6/7(水)~25(日) (作品出品のみ 在廊なし)
日程:ギャラリー展示期間: 6/7(水)~11(日) 下記会場で作品展示・購入応募受付。
日程:ネット展示期間: 6/12(月)~25(日) リッティベアホームページで画像展示・購入応募受付。

作品展示会場:奈良 水門町 アートギャラリー五風舎 (アクセス)
入場無料
主催:リッティベア

DM画像(クリックすると拡大表示します)
百職人展DMa

 

 

 

 

<作品のご紹介> ・・・画像はクリックすると拡大できます。

作品名 『クロクマのマリオネット遊び』
mikimegumi01
mikimegumi07
クロクマの表情
mikimegumi04
クロクマの大きさ 約25cm
mikimegumi03
マリオネットを持つクロクマ
mikimegumi10
マリオネットを持つクロクマ
mikimegumi05
クロクマのシルエット
mikimegumi12
クロクマのシルエット
mikimegumi02
クロクマを座らせた状態
mikimegumi06
付属のベアスタンドに
吊り下げたマリオネット

<作品解説>

今回のテーマである“職人技”を意識して、何か珍しいものを作ろうという思いで制作した作品です。
真っ黒な熊はクロクマの子熊をイメージした作品で、熊らしいシルエットにこだわりました。目には光の入りやすい明るい色を使い、マズルを少し白っぽく着色して、黒くなり過ぎない表情を作りました。
そして今回作った珍しいものとは、ミニチュアサイズのマリオネット。小さな糸操り人形です。リッティベアさんではこれまでにミニチュア作品を出品したことがなかったので、普通のベアでなく特別なものにしたいと思い制作しました。
ベアの構造から十字型の操作板までオリジナルの設計です。ミニチュア作家としてのこだわりで、実際に動かすことができるようにしました。黒い糸につないでいる白いビーズは手でつまんで引くことができますので、それぞれを動かしてみて下さい。クロクマと一緒にマリオネットのポーズを作って楽しんで頂ければと思います。
また、作品にはベアスタンドを付けていますが、ベアスタンド無しでも自立させることができます。尚、このベアスタンドにはマリオネットを掛けられるようにしていますので、クロクマとマリオネットそれぞれを分けて飾って頂くことも可能です。ただし、マリオネットはベアに持たせた時に見栄えの良いバランスにしています。どうぞお好みで飾って下さい。
【クロクマ】
生地:モヘア
ジョイント:ハードボード 5組
目:グラスアイ
詰め物:化繊綿、グラスペレット(胴体)、ステンレスペレット(足先)
手足のパット:ミニチュアファー
その他:
・両手の先にマリオネットのフックを掛けられる金具、左手首にマリオネットの操作板本体を固定するリング(黒いタティングレースの輪)付き。
・首の装飾は緑のアンティークリボンと星形のネックレス(いずれも取り外し可)。【マリオネット・ベア】
生地:ミニチュアファー
ジョイント:革+針金+Cカン 5組 …糸で操るため、ゆらゆらと動かせます。
目:オニキスビーズ
詰め物:化繊綿、ステンレスペレット(胴体)
手足のパット:人工スエード
その他:マリオネットは操作可。2つのフックをそれぞれクロクマの手の先に引っ掛けて持たせます。
→左手に操作板本体(十字の方)、右手に腕の操作棒を掛けます。白いビーズで各パーツを動かすことができます。【サイズ】
立たせた場合、クロクマ:全長約25cm ミニチュアベア:約6cm

作品のご購入に関しましては、主催のリッティベア様へ、
百職人展会期中の 6/7(水)~25(日) にお問い合わせ下さい。